主催事務局

東京医科大学
呼吸器・甲状腺外科学分野
〒160-0023東京都新宿区西新宿6-7-1

運営事務局

株式会社コングレ内
〒102-8481東京都千代田区麹町5-1
弘済会館ビル6F
Tel: 03-5216-5318
Fax: 03-5216-5552
E-mail:jlcs2018@congre.co.jp

日程表・プログラム

プログラム予定表 (2018年2月7日現在)

※タイトルは仮題となります。今後随時更新いたしますのでご了承ください。

シンポジウム
免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカー
免疫の基礎・トランスレーショナルリサーチ
EGFR変異陽性肺癌治療の新展開
クリニカルシークエンス(コンパニオン診断を含む)の実地医療への応用
免疫療法の新展開
薬物耐性メカニズムの解明
Ⅲ期非小細胞肺癌に対する集学的治療
新規治療薬時代 の術後補助療法の考え方
区域切除における手技的な工夫:局所再発を防ぐために
WHO2015分類の日本での適合性
腺癌と浸潤 -AISの定義、浸潤径など-
病理検体の検体処理と診断精度に与える影響
Immuno-radiotherapy
CTでの充実径計測の実際と問題点
新T因子の病理的・画像的問題点を探る
長期生存時代の患者マネージメント
多臓器合併切除の新しいアプローチ/診療科をまたぐ合併切除の試み(ビデオシンポジウム)
ワークショップ
免疫チェックポイント阻害薬の副作用対策について
神経内分泌腫瘍の治療について(小細胞癌を含む)
ALK陽性肺癌治療の最大効果
希少肺癌 (Ret、ROS1、BRAF陽性)の治療
リキッドバイオプシーのup to date
扁平上皮肺癌治療の現状と展望
間質性肺炎合併肺癌の治療
血管新生阻害薬の役割を考える
区域切除後の局所・遠隔転移の実際
再発・播種を有する胸腺腫の治療
脳転移に対する治療(SRS・WBI・分子標的・免疫)
再発肺癌(再照射)の治療
M因子診断の費用対効果
悪性胸膜中皮腫:臨床と研究の現状・将来