お問い合わせ

慶應義塾大学医学部外科学(呼吸器)

〒160-8582
新宿区信濃町35
Tel: 03-5363-3805

運営事務局

株式会社コングレ内

〒102-8481
東京都千代田区麹町5-1
弘済会館ビル6F
Tel: 03-5216-5318
Fax: 03-5216-5552
E-mail:jlcs2017@congre.co.jp

プログラム

2017年8月1日現在

市民公開講座

喫煙・受動喫煙と肺癌

10月15日(日) 14:00~16:00 第10会場 アネックスホール F205 2F

司 会 森田 純二 (公益財団法人香川県予防医学協会)
  清水 英治 (鳥取大学医学部分子制御内科学教授/第3内科診療科群主任診療科長)

「タバコ白書」2016について

講 師 祖父江 友孝 (大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 環境医学)

タバコフリーか、スモークフリーか:21世紀の新たなタバコ問題の地平に向けて

講 師 望月 友美子 (公益財団法人 日本対がん協会)

受動喫煙と肺癌について

講 師 村松 弘康 (中央内科クリニック)

理事長報告

肺癌学会がめざすものと新たなとりくみ

10月14日(土) 13:20~13:40 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 淺村 尚生 (慶應義塾大学医学部外科学(呼吸器))
演 者 光冨 徹哉 (近畿大学医学部 呼吸器外科 )

特別講演

1. Is there any role for surgery in the treatment of clinical N2 NSCLC?

10月15日(日) 08:30~09:10 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 渡辺 俊一 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)
演 者 Valerie W. Rusch (Thoracic Service, Department of Surgery, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY, USA)

2. 日本発MEK阻害剤トラメチニブ(商品名メキニスト)が BRAF変異非小細胞肺癌に承認されるまで

10月15日(日) 09:10~09:50 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 山田 哲司 (国立がん研究センター研究所 創薬臨床研究分野)
演 者 酒井 敏行 (京都府立医科大学 分子標的癌予防医学)

シンポジウム

1. Immunotherapy Update

10月14日(土) 08:30~10:30 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 関根 郁夫 (筑波大学医学医療系 臨床腫瘍学)
  西尾 誠人 (公益財団法人がん研究会有明病院 呼吸器内科)
Immuno-oncology: Current Status and Future Perspectives
演 者 Roy Herbst (Yale School of Medicine, Yale Cancer Center, Smilow Cancer Hospital at Yale-New Haven, USA)

がん微小環境における免疫抑制機構

演 者 西川 博嘉 (国立がん研究センター 先端医療開発センター 免疫TR分野)

Companion and complementary diagnostics for immune checkpoint inhibitor treatment

演 者 谷田部 恭 (愛知県がんセンター 遺伝子病理診断部)

切除不可能な局所進行性(Stage3)非小細胞肺癌患者におけるdurvalumabの第III相試験:PACIFIC

演 者 時任 高章 (久留米大学病院)

Management of Immune Related Adverse Events (irAEs)

演 者 藤原 豊 (国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院)

2. 学術委員会企画シンポジウム:Precision Medicine とクリニカルシークエンス

10月14日(土) 16:10~18:10 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 豊岡 伸一 (岡山大学病院 呼吸器外科)
  矢野 聖二 (金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科)

全国肺癌ゲノムスクリーニングプロジェクト(LC-SCRUM-Japan)におけるクリニカルシークエンス

演 者 松本 慎吾 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

個々の施設で実施しているクリニカルシークエンスの実情、利点と問題

演 者 洪 泰浩 (和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科)

Multiplex遺伝子解析の保険償還に向けて、超えるべきハードルと展望

演 者 田澤 義明 (一般社団法人 日本臨床検査薬協会)

バイオマーカー委員会の取り組み

演 者 秋田 弘俊 (北海道大学大学院医学研究院 腫瘍内科学教室)

3. Issues of the 8th edition of the TNM classification for lung cancer

10月15日(日) 14:30~16:30 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 野口 雅之 (筑波大学医学医療系 診断病理学)
  渡辺 俊一 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)

SURGICAL IMPLICATIONS OF THE 8TH EDITION OF THE TNM CLASSIFICATION OF LUNG CANCER

演 者 Ramón Rami-Porta (Department of Thoracic Surgery, Hospital Universitari Mutua Terrassa, Terrassa, Barcelona, Spain)

Issues of the 8th Edition of the TNM Classification of Lung Cancer: Pathology

演 者 William D. Travis (Department of Pathology, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY, USA)

Issues of the 8th TNM classification for lung cancer: A user perspective

演 者 Andrew G. Nicholson (Department of Histopathology, Royal Brompton and Harefield NHS Foundation Trust, London, UK)

放射線腫瘍医の立場から

演 者 中山 優子 (神奈川県立がんセンター 放射線治療科)

第8版の臨床病期分類における問題点

演 者 坂井 修二 (東京女子医科大学医学部 画像診断学・核医学講座)

4. Treatment strategy for stage IIIA-N2 non-small cell lung cancer

10月15日(日) 08:30~10:30 第2会場 会議センター 301+302 3F

座 長 池田 徳彦 (東京医科大学病院 呼吸器・甲状腺外科学)
  中山 優子 (神奈川県立がんセンター 放射線治療科)

Treatment Strategy for Stage IIIA-N2 Non-Small Cell Lung Cancer(NSCLC) : From a Radiation Oncologist’s Viewpoint

演 者 Ritsuko Komaki (The University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX, USA )

The Thoracic Surgeon and Treatment of IIIA-N2 Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC)

演 者 Joe B. Putnam Jr. (Baptist MD Anderson Cancer Center, Jacksonville, FL, USA)

Treatment strategy for stage IIIA-N2 non-small cell lung cancer (NSCLC): From a medical oncologist's viewpoint

演 者 W.E.E Eberhardt (Department of Medical Oncology, West German Cancer Center, University Duisburg-Essen, Essen, Germany)

臨床病期III期非細胞肺癌根治的放射線照射後サルベージ手術の検討

演 者 嶋田 善久 (東京医科大学呼吸器外科)

根治照射可能III期NSCLCに対するCDDP+S‐1+TRT併用療法とCDDP+DTX+TRT併用療法のランダム化第II相試験

演 者 原田 大二郎 (四国がんセンター 呼吸器内科)

根治的化学放射線療法後の長期生存者の解析

演 者 伊藤 仁 (京都桂病院 放射線治療科)

5. 学術委員会企画シンポジウム:これから求められる肺癌治療のための画像診断

10月15日(日) 10:00~12:00 第7会場 会議センター 501 5F

座 長 大西 洋 (山梨大学放射線医学講座)
  坂井 修二 (東京女子医科大学医学部 画像診断学・核医学講座)

肺定位放射線治療後の注意すべき画像変化について

演 者 松本 康男 (新潟県立がんセンター 新潟病院 放射線治療科)

薬剤性肺障害の画像診断~免疫チェックポイント阻害薬時代のピットフォール~

演 者 負門 克典 (がん研有明病院 画像診断部)

治療による肺癌viabilityの評価

演 者 薮内 英剛 (九州大学大学院医学研究院 保健学部門)

VATSのための術前シュミレーション画像

演 者 森谷 浩史 (大原綜合病院 画像診断センター)

肺癌診療に活用可能なIVR

演 者 荒井 保明 (国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)

6. 学術委員会企画シンポジウム:肺癌死亡率の地域差を考える

10月15日(日) 13:20~15:20 第8会場 会議センター 502 5F

座 長 山本 信之 (和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科)
  坪井 正博 (国立がん研究センター東病院 呼吸器外科)

肺癌死亡率の地域差をどう解消するか

演 者 埴岡 健一 (国際医療福祉大学大学院)

検診政策と肺がん死亡率の地域差の関連

演 者 佐川 元保 (東北医科薬科大学光学診療部)

ガイドライン普及と肺がん死亡率の地域格差の関連

演 者 瀬戸 貴司 (九州がんセンター 呼吸器腫瘍科)

肺癌による死亡率の地域差 ―北海道― 広大なゆえの苦悩と対策を考える

演 者 大泉 聡史 (国立病院機構北海道がんセンター 呼吸器内科)

肺がん死亡率の地域差:東京都の現状と対策

演 者 関 順彦 (帝京大学医学部内科学講座腫瘍内科)

ワークショップ

1. コンパニオン診断の抱える問題点

10月14日(土) 10:30~12:00 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 石川 雄一 (公益財団法人がん研究会がん研究所)
  谷田部 恭 (愛知県がんセンター中央病院 遺伝子病理診断部)

Companion Diagnostics

演 者 Ming Sound Tsao (University of Toronto, Canada)

非小細胞肺癌の融合遺伝子変異検索におけるoaz-1の有用性

演 者 井上 慶明 (埼玉医科大学総合医療センター 呼吸器外科)

EBUS-TBNA検体はPD-L1発現評価に有用

演 者 榊原 里江 (がん研究会 がん研究所病理部)

コンパニオン診断の新たな局面

演 者 谷田部 恭 (愛知県がんセンター中央病院 遺伝子病理診断部)

2. Oligometastatic disease

10月14日(土) 08:30~10:00 第3会場 会議センター 303+304 3F

座 長 早川 和重 (北里大学医学部 放射線科学(放射線腫瘍学))
  加藤 晃史 (神奈川県立がんセンター 呼吸器内科)

非小細胞肺癌完全切除後の局所・領域再発症例における予後因子

演 者 加勢田 馨 (慶應義塾大学医学部外科学(呼吸器))

外科治療を行ったOligometastasisを伴う肺癌における予後因子と転移臓器の検討

演 者 松本 勲 (金沢大学先進総合外科)

非小細胞肺癌Oligometastasesの治療成績と局所治療の意義に関する検討

演 者 最相 晋輔 (川崎医科大学附属病院 呼吸器外科)

非小細胞肺癌完全切除後の根治可能なOligo-Recurrenceに関する検討

演 者 松隈 治久 (栃木県立がんセンター 呼吸器外科)

肺oligometastaseに対する体幹部定位放射線治療 (SBRT):1,378症例での大規模多施設共同遡及的研究

演 者 新部 譲 (東邦大学 医療センター 大森病院 放射線科 )

3. 肺癌治療におけるsalvage surgeryの適応、考え方、成績、再手術

10月14日(土) 10:00~11:30 第3会場 会議センター 303+304 3F

座 長 渡辺 俊一 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)
  大塚 崇 (慶應義塾大学医学部外科学(呼吸器))

Salvage surgery: Optimal indications and outcome

演 者 Paul Van Schil (Department of Thoracic and Vascular Surgery, Antwerp University Hospital, Belgium)

当院における肺癌治療におけるsalvage surgeryの適応、考え方、成績

演 者 坂尾 幸則 (愛知県がんセンター中央病院)

当科における進行/再発非小細胞肺癌に対するsalvage手術の適応、治療成績の検討

演 者 鈴木 恵理子 (聖隷三方原病院 呼吸器センター外科)

非小細胞肺癌に対する定位放射線治療後の再発に関する治療

演 者 濱路 政嗣 (京都大学 呼吸器外科)

4. SBRT (vs. surgery)

10月14日(土) 15:00~16:30 第3会場 会議センター 303+304 3F

座 長 茂松 直之 (慶應義塾大学病院 放射線治療科)
  中山 治彦 (神奈川県立がんセンター 呼吸器外科)

SBRT (vs. surgery) for small-sized non-small cell lung cancer

演 者 Hak Choy (Department of Radiation Oncology, University of Texas Southwestern, Dallas, TX, USA)

臨床病期IA期 非小細胞肺癌に対する定位放射線治療と縮小手術

演 者 中尾 将之 (公益財団法人 がん研有明病院 呼吸器センター外科)

葉切除高リスク患者のI期非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療と縮小手術の治療成績:第2報

演 者 松尾 幸憲 (京都大学 放射線治療科)

定位放射線治療と手術の治療効果の比較検討

演 者 前田 純一 (東京医科大学 呼吸器・甲状腺外科学分野)

5. 粒子線治療の現状と方向性

10月14日(土) 16:40~18:10 第3会場 会議センター 303+304 3F

座 長 中山 優子 (神奈川県立がんセンター 放射線治療科)
  唐澤 克之 (都立駒込病院 放射線診療科)

Current status and future direction of particle (proton) beam therapy for thoracic cancers

演 者 Zhongxing Liao (Department of Radiation Oncology, The University of Texas
MD Anderson Cancer Center, Houston, TX, USA)

肺野末梢型I期肺癌に対する重粒子線治療成績

演 者 塩山 善之 (九州国際重粒子線がん治療センター)

肺癌治療後の孤立性リンパ節転移に対する重粒子線治療成績

演 者 白井 克幸 (群馬大学 重粒子線医学研究センター)

X線による放射線療法で根治照射不能なIII期非小細胞肺癌に対する陽子線治療の有効性

演 者 秋元 哲夫 (国立がん研究センター東病院 放射線治療科)

局所進行非小細胞肺癌に対するS-1+シスプラチン同時併用陽子線治療の第2相臨床試験

演 者 秋田 憲志 (名古屋市立西部医療センター 呼吸器腫瘍センター 呼吸器内科)

6. 扁平上皮肺癌に対する薬物療法:新たな展開

10月14日(土) 15:40~17:10 第8会場 会議センター 502 5F

座 長 滝口 裕一 (千葉大学医学部附属病院 腫瘍内科)
  瀧川 奈義夫 (川崎医科大学 総合内科学4)

進行扁平上皮癌に対する薬物療法 -オーバービュー-

演 者 瀧川 奈義夫 (川崎医科大学 総合内科学4)

扁平上皮肺癌のアクショナブルな遺伝子異常

演 者 西尾 和人 (近畿大学医学部ゲノム生物学教室)

進行扁平上皮肺癌の併用化学療法

演 者 山本 信之 (和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科)

高齢者進行扁平上皮肺癌の化学療法

演 者 小暮 啓人 (国立病院機構 名古屋医療センター 呼吸器科・臨床腫瘍科)

7. 遺伝子診断を加味した画像診断

10月14日(土) 08:30~10:00 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 楠本 昌彦 (国立がん研究センター東病院 放射線診断科)
  坂井 修二 (東京女子医科大学医学部 画像診断学・核医学講座)

EGFR 遺伝子変異陽性肺癌の画像的特徴

演 者 酒井 文和 (埼玉医科大学国際医療センター 画像診断部)

ALK陽性肺癌のCT像

演 者 遠藤 正浩 (静岡県立静岡がんセンター 画像診断科)

RET融合遺伝子陽性進行非小細胞肺癌の画像的特徴

演 者 齊木 雅史 (がん研有明病院 呼吸器内科)

すりガラス影主体の肺腺癌と遺伝子変異との関連

演 者 青木 隆敏 (産業医科大学 放射線科学教室)

肺癌手術例の遺伝子変異とCT画像:oncogenic driver遺伝子変異を読み取ることができるか?

演 者 堀尾 芳嗣 (愛知県がんセンター中央病院 呼吸器内科)

肺癌術後再発形式とEGFR遺伝子変異の関連

演 者 小林 祥久 (近畿大学 呼吸器外科)

8. 中皮腫(BAP-1の話題含め)

10月14日(土) 15:00~16:30 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 鍋島 一樹 (福岡大学医学部 病理学講座)
  岡部 和倫 (国立病院機構 山口宇部医療センター)

Accelerated hemithoracic radiation followed by extrapleural pneumonectomy for malignant pleural mesothelioma

演 者 Marc de Perrot (Division of Thoracic Surgery, Toronto General Hospital, Toronto, Canada)

BAP1変異を基盤とした悪性中皮腫の病理診断

演 者 辻村 亨 (兵庫医科大学 病理学講座 分子病理部門)

「胸水のみ」を呈する胸膜中皮腫症例の検討

演 者 藤本 伸一 (岡山労災病院 腫瘍内科)

悪性胸膜中皮腫に対するEPPおよびP/D施行例における術後呼吸機能

演 者 中村 彰太 (名古屋大学 呼吸器外科)

悪性胸膜中皮腫外科治療後再発に対する治療選択

演 者 小林 正嗣 (東京医科歯科大学 呼吸器外科)

9. 高齢者の肺癌ケア(地域連携、サバイバーシップ、緩和ケアの在り方を含む)

10月14日(土) 16:40~18:10 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 澤 祥幸 (岐阜市民病院がんセンター)
  武田 晃司 (認定NPO法人西日本がん研究機構)

岐阜大学医学部附属病院におけるチーム医療を実践した肺癌化学療法への薬剤師の取り組み

演 者 飯原 大稔 (岐阜大学医学部附属病院 薬剤部)

ICTの活用による“言葉の見える関係づくり”が、地域連携にもたらしたもの

演 者 大濱 江美子 (大阪市立総合医療センター MSW)

高齢者の肺癌ケア ―看護師の立場から―

演 者 小山 富美子 (近畿大学医学部附属病院 看護部)

肺癌転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療:高齢者の新たなgrading systemに関する二施設協同研究

演 者 山本 昌昭 (勝田病院 水戸ガンマハウス 脳神経外科)

高齢者肺癌外科切除症例における術前免疫栄養学的指数の臨床的意義に関する検討

演 者 庄司 文裕 (九州大学大学院 消化器・総合外科(第二外科))

10. 分子標的薬への耐性機構の解明

10月15日(日) 09:50~11:20 第1会場 会議センター メインホール 1F

座 長 山田 哲司 (国立がん研究センター研究所 創薬臨床研究分野)
  豊岡 伸一 (岡山大学病院 呼吸器外科)

Strategies to enhance efficacy of EGFR kinase inhibitors in lung cancer

演 者 Pasi A. Jänne (Dana-Farber Cancer Institute, Boston, MA, USA)

肺がんにおける分子標的薬耐性メカニズムの解明

演 者 枝園 和彦 (岡山大学病院 呼吸器外科)

Driver Oncogene陽性肺がんにおける薬剤耐性細胞の特性

演 者 片山 量平 ((公財)がん研究会 がん化学療法センター 基礎研究部)

T790M陽性肺癌細胞株における第三世代EGFR-TKIとSrc阻害薬ダサチニブの併用効果の検討

演 者 吉田 健史 (近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門)

AXLとEMT克服を標的としたALK陽性非小細胞肺癌根絶に向けた新規治療戦略

演 者 中道 真仁 (日本医科大学大学院 医学研究科 呼吸器内学分野 )

11. 肺癌治療とリハビリテーション

10月15日(日) 08:30~10:00 第7会場 会議センター 501 5F

座 長 矢ヶ崎 香 (慶應義塾大学看護医療学部)
  栗原 美穂 (国立がん研究センター中央病院 看護部)

がんリハビリテーションの概要 肺癌を中心に

演 者 辻 哲也 (慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室/腫瘍センター リハビリテーション部門)

肺癌手術の周術期管理:術前介入と術後リハビリを考える

演 者 坪井 正博 (国立がん研究センター東病院 呼吸器外科)

肺がん治療におけるリハビリテーションの役割 

演 者 岡山 太郎 (静岡県立静岡がんセンター リハビリテーション科)

多職種チームにおける看護師の役割

演 者 藤井 恵美 (国立がん研究センター中央病院 患者サポート研究開発センター)

12. 肺癌治療の費用対効果

10月15日(日) 10:30~12:00 第8会場 会議センター 502 5F

座 長 國頭 英夫 (日本赤十字社医療センター 化学療法科)
  吉村 健一 (金沢大学附属病院 先端医療開発センター)

費用対効果分析は何が難しいのか、なぜ進まないか

演 者 山中 竹春 (横浜市立大学大学院医学研究科 臨床統計学)

費用対効果の改善は臨床研究のエンドポイントになりうるか?

演 者 後藤 悌 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科)

In the Same Boat ~財政と医療に未来を見いだせるか~

演 者 小岩 徹郎 (財務省主計局厚生労働第三係)

コメンテーター 衆議院議員 (自由民主党)

13. 胸腺上皮性腫瘍の治療

10月15日(日) 08:30~10:00 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 横井 香平 (名古屋大学大学院医学系研究科 病態外科学講座 呼吸器外科学)
  立山 尚 (春日井市民病院 病理部)

胸腺上皮性腫瘍の病理診断

演 者 立山 尚 (春日井市民病院 病理部)

新しい胸腺上皮性腫瘍TNM分類の妥当性についての検討

演 者 中川 加寿夫 (国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科)

胸腺上皮性腫瘍に対する外科治療成績の解析

演 者 新谷 康 (大阪大学 呼吸器外科学)

Treatment of thymic epithelial tumors

演 者 Frank Detterbeck (Yale School of Medicine New Haven, CT, USA)

14. 小細胞肺癌(HGNEC)に対する治療法の進歩

10月15日(日) 10:30~12:00 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 清家 正博 (日本医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科分野)
  佐々木 治一郎 (北里大学医学部附属新世紀医療開発センター)

EXTENSIVE STAGE SMALL CELL LUNG CANCER THERAPEUTICS: NEW DEVELOPMENTS

演 者 Primo Nery Lara, Jr. (UC Davis Comprehensive Cancer Center, Sacramento, CA, USA)

間質性肺炎合併進行小細胞肺癌に対する化学療法の有用性と急性増悪リスク

演 者 峯岸 裕司 (日本医科大学大学院医学研究科呼吸器内科分野)

当院での限局型小細胞肺癌の治療成績

演 者 早川 豊和 (北里大学 医学部 放射線腫瘍学)

肺神経内分泌腫瘍におけるInsulinoma-assosciated 1(INSM1)発現

演 者 榊原 里江 (がん研究会がん研究所病理部)

15. 術後補助療法を考え直す

10月15日(日) 13:20~14:50 第9会場 会議センター 503 5F

座 長 近藤 晴彦 (杏林大学医学部付属病院 呼吸器・甲状腺外科)
  釼持 広知 (静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科)

肺癌に対する術後補助化学療法の臨床試験-JIPANG試験の経験から

演 者 釼持 広知 (静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科)

第8版TNM分類における術後UFT療法の再検討

演 者 吾妻 寛之 (信州大学 呼吸器外科)

病理病期IB期肺腺癌に対するUFT/TS1を用いた補助化学療法の有用性の検討~腺癌組織亜型別検討~

演 者 伊藤 宏之 (神奈川県立がんセンター 呼吸器外科)

当院における非小細胞肺癌術後補助化学療法の現状と課題

演 者 水野 鉄也 (愛知県がんセンター中央病院 呼吸器外科)

肺腺癌術後補助化学療法の現状と成績

演 者 塩野 知志 (東北呼吸器外科臨床研究グループ)

EGFR遺伝子変異は術後補助化学療法の効果予測因子となるか

演 者 岡野 哲也 (東京医科大学 呼吸器外科)

Adjuvant treatment for resected non-small cell lung cancer: Chemotherapy or EGFR TKI?

演 者 Yi-Long Wu (Guangdong Lung Cancer Institute, Guangdong General Hospital, Guagnzhou, China)

16. 分子標的治療の最大効果を目指して

10月15日(日) 13:20~14:50 第12会場 展示ホール ホール A 1F

座 長 高橋 和久 (順天堂大学大学院医学研究科 呼吸器内科学)
  笠原 寿郎 (金沢大学附属病院 呼吸器内科)

血中遊離DNAを用いた遺伝子変異検出結果に影響を与える因子の検討

演 者 木村 英晴 (金沢大学附属病院 呼吸器内科)

非小細胞肺癌のEGFR-TKI耐性における癌幹細胞の関与

演 者 高橋 史行 (順天堂大学 医学部 呼吸器内科)

Optimal management of EGFR TKI resistance

演 者 Tony S. Mok (Department of Clinical Oncology, The Chinese University of Hong Kong, Prince of Wales Hospital, Hong Kong, China)

ALK-Positive Lung Cancer: Therapeutic Decision-Making for Treatment Sequencing

演 者 David R. Gandara (Hematology and Oncology, UC Davis Comprehensive Cancer Center, Sacramento, CA, USA)

Japan phase 2 study of ceritinib in patients with ALK+ NSCLC pre-treated with alectinib: ASCEND-9

演 者 堀之内 秀仁 (国立がん研究センター中央病院)

TKI関連ILDの感受性遺伝子

演 者 萩原 弘一 (自治医科大学 呼吸器内科学講座)

17. 分子標的薬の現状と展望

10月15日(日) 15:00~16:30 第12会場 展示ホール ホール A 1F

座 長 副島 研造 (慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター)
  後藤 功一 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

Current status and future perspectives of molecular targeted therapy

演 者 Alice T. Shaw (Center for Thoracic Cancers, Massachusetts General Hospital; Harvard Medical School, Boston, MA, USA)

非小細胞肺癌におけるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬に対する抵抗性とその克服

演 者 小林 進 (Beth Israel Deaconess Medical Center, USA)

Current status and future perspectives of molecular targeted therapy in Lung Cancer

演 者 Sumitra Thongprasert (Bangkok Chiang Mai Hospital, Chiang Mai, Thailand)

RET融合遺伝子を有する肺がんに対するアプローチ

演 者 矢野 聖二 (金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科)

ROS1融合遺伝子陽性肺癌の診断と治療

演 者 松本 慎吾 (国立がん研究センター 東病院 呼吸器内科)

METエクソン14スキッピング変異に対するアプローチ

演 者 葉 清隆 (国立がん研究センター 東病院 呼吸器内科)

相対的に稀な遺伝子変異を有する非小細胞肺癌に対する治療戦略

演 者 安田 浩之 (慶應義塾大学医学部呼吸器内科)

教育講演

1. 肺癌診療における感染症対策

10月14日(土) 11:30~11:55 第3会場 会議センター 303+304 3F

司 会 今泉 和良 (藤田保健衛生大学医学部 呼吸器内科学I)

演 者 大曲 貴夫 (国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター)

2. 臨床研究に関する方法論を学ぶ(法制化を含めて)

10月14日(土) 09:55~10:20 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 中川 和彦 (近畿大学医学部 腫瘍内科部門)

演 者 中西 洋一 (九州大学大学院医学研究院 胸部疾患研究施設)

3. 小細胞肺癌

10月14日(土) 15:00~15:25 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 小泉 知展 (信州大学医学部 包括的がん治療学講座)

演 者 中村 洋一 (栃木県立がんセンター 呼吸器内科)

4. 非小細胞肺癌・進行限局型

10月14日(土) 15:25~15:50 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 礒部 威 (島根大学医学部 内科学講座 呼吸器・臨床腫瘍学)

演 者 仁保 誠治 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

5. 非小細胞肺癌・進行肺癌の薬物療法

10月14日(土) 15:50~16:15 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 前門戸 任 (岩手医科大学呼吸器・アレルギー膠原病内科)

演 者 加藤 晃史 (神奈川県立がんセンター 呼吸器内科)

6. 外科・早期癌

10月14日(土) 16:15~16:40 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 坪井 正博 (国立がん研究センター東病院 呼吸器外科)

演 者 鈴木 健司 (順天堂大学医学部附属順天堂医院 呼吸器外科)

7. 外科・局所進行

10月14日(土) 16:40~17:05 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 田中 文啓 (産業医科大学医学部 第2外科学)

演 者 伊達 洋至 (京都大学医学部附属病院 呼吸器外科)

8. 放射線・治療

10月14日(土) 17:05~17:30 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 角 美奈子 (がん研究会有明病院 放射線治療部)

演 者 板澤 朋子 (聖路加国際病院 放射線腫瘍科)

9. コンパニオン診断/ゲノム診断を正しく行うために:検体の扱い方を中心に

10月15日(日) 08:30~08:55 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 伊藤 以知郎 (静岡県立静岡がんセンター 病理診断科)

演 者 畑中 豊 (北海道大学病院 コンパニオン診断研究部門)

10. 肺癌の病理組織分類

10月15日(日) 08:55~09:20 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 伊藤 以知郎 (静岡県立静岡がんセンター 病理診断科)

演 者 蔦 幸治 (関西医科大学医学部 病態検査学講座)

11. 基礎・肺癌の生物学・疫学

10月15日(日) 09:20~09:45 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 関戸 好孝 (愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部)

演 者 河野 隆志 (国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野)

12. 生物統計の基礎

10月15日(日) 09:45~10:10 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 長谷川 好規 (名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 呼吸器内科学分野)

演 者 吉村 健一 (金沢大学附属病院 先端医療開発センター)

13. ガイドライン変更点について

10月15日(日) 10:10~10:35 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 前門戸 任 (岩手医科大学呼吸器・アレルギー膠原病内科)

演 者 赤松 弘朗 (和歌山県立医科大学医学部 内科学第3講座)

14. 放射線・診断

10月15日(日) 10:35~11:00 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 村山 貞之 (琉球大学医学部 放射線診断治療学)

演 者 遠藤 正浩 (静岡県立静岡がんセンター 画像診断科)

15. 肺癌診療におけるチーム医療

10月15日(日) 11:00~11:25 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 澤 祥幸 (岐阜市民病院 肺腫瘍センター)

演 者 瀬戸 貴司 (九州がんセンター 呼吸器腫瘍科)

16. 緩和ケアとエンド・オブ・ライフケア

10月15日(日) 11:25~11:50 第12会場 展示ホール ホール A 1F

司 会 千原 幸司 (地方独立行政法人 静岡市立静岡病院呼吸器外科)

演 者 木澤 義之 (神戸大学大学院医学研究科 内科系講座先端緩和医療学分野)

メディカルスタッフ部会企画 ワークショップ

忘れていませんか? 肺がんにおける栄養・リハビリ・外見の問題

10月14日(土) 09:00~10:30 第10&11会場 アネックスホール F205+F206 2F

座 長 澤 祥幸 (岐阜市民病院がんセンター)
  山田 みつぎ (千葉県がんセンター 看護局 通院化学療法室)

肺がん患者を支える食事と栄養療法

演 者 川口 美喜子 (大妻女子大学 家政学部 食物学科 管理栄養士専攻)

肺がん患者へのアピアランスケア

演 者 野澤 桂子 (国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター)

肺がん・骨転移症例における日常生活動作とリハビリテーション

演 者 辻 哲也 (慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室/腫瘍センター リハビリテーション部門)

メディカルスタッフ部会企画 ビジネスミーティング

10月14日(土) 10:30~11:00 第10&11会場 アネックスホール F205+F206 2F

メディカルスタッフ部会企画 特別講演

肺癌診療ガイドラインから求められるメディカルスタッフの役割

10月14日(土) 11:00~12:00 第10&11会場 アネックスホール F205+F206 2F

座 長 滝口 裕一 (千葉大学医学部附属病院 腫瘍内科)

演 者 瀬戸 貴司 (九州がんセンター 呼吸器腫瘍科)

メディカルスタッフ部会企画 シンポジウム

チーム医療で取り組む免疫チェックポイント阻害薬の副作用対策

10月14日(土) 15:00~17:00 第10&11会場 アネックスホール F205+F206 2F

座 長 佐々木 治一郎 (北里大学医学部附属新世紀医療開発センター)
  矢ヶ崎 香 (慶應義塾大学看護医療学部)

免疫チェックポイント阻害薬の作用機序と副作用発生メカニズム(オーバービュー)

演 者 横内 浩 (国立病院機構北海道がんセンター 呼吸器内科)

免疫チェックポイント阻害剤における看護師の役割

演 者 山﨑 里花 (近畿大学医学部附属病院 看護部 通院治療センター)

免疫チェックポイント阻害薬の副作用対策 薬剤師の立場から

演 者 今井 千晶 (千葉大学医学部附属病院 薬剤部)

免疫チェックポイント阻害薬の副作用対策における薬剤師の役割

演 者 渡邊 裕之 (九州大学病院 薬剤部)

ハンズオンセミナー「腫瘍サンプリング」

ステーション 1(EBUS-TBNA)

10月14日(土) 09:30~11:00 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 松元 祐司 (国立がん研究センター中央病院 内視鏡科・呼吸器内科)
  北園 聡 (がん研有明病院 呼吸器内科)

ステーション 2(Cryobiopsy)

10月14日(土) 09:30~11:00 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 松澤 令子 (公立西知多総合病院 呼吸器内科)

ステーション 3(EBUS-TBNA)

10月14日(土) 09:30~11:00 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 出雲 雄大 (日本赤十字社医療センター 呼吸器内科)
  粟野 暢康 (日本赤十字社医療センター 呼吸器内科)

ステーション 4(Cryobiopsy)

10月14日(土) 09:30~11:00 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 桐田 圭輔 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

ステーション 1(EBUS-TBNA)

10月14日(土) 15:00~16:30 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 中島 崇裕 (千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学)
  藤原 大樹 (千葉大学医学部附属病院 呼吸器外科)

ステーション 2(Cryobiopsy)

10月14日(土) 15:00~16:30 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 中井 俊之 (国立がん研究センター中央病院 内視鏡科)

ステーション 3(EBUS-TBNA)

10月14日(土) 15:00~16:30 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 岡本 紀雄 (大阪はびきの医療センター)
  白山 敬之 (大阪はびきの医療センター)

ステーション 4(Cryobiopsy)

10月14日(土) 15:00~16:30 ハンズオン会場 会議センター 416+417 4F

講 師 宇田川 響 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

第32回肺がん検診セミナー

10月15日(日) 08:30~10:30 第10会場 アネックスホール F205 2F

1. 肺がん検診セミナー終了にあたって

座 長 西井 研治 (岡山県健康づくり財団附属病院)
演 者 佐川 元保 (東北医科薬科大学 光学診療部)

2. 肺がん検診の歴史

座 長 祖父江 友孝 (大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 環境医学)
演 者 鈴木 隆一郎 (元 大阪府立成人病センター)

3. 「読影医の充足の未来予測に関する全国アンケート調査」の報告

座 長 中山 富雄 (大阪国際がんセンター がん対策センター 疫学統計部)
演 者 三友 英紀 (東北医科薬科大学 呼吸器外科)

4. 肺がん検診の胸部X線検査の読影と判定

座 長 原田 眞雄 (北海道がんセンター 呼吸器内科)

演 者 小林 健 (石川県立中央病院 放射線診断科)

※本セミナーは学術集会プログラムの一部として開催するため、学術集会への参加登録が必要です。
 (本セミナーのみの参加はできません)

※なお、肺がん検診セミナーは本年で終了となります。

禁煙ワークショップ

加熱式タバコの問題点と対策

10月15日(日) 10:30~12:00 第10会場 アネックスホール F205 2F

司 会 清水 英治 (鳥取大学医学部分子制御内科学教授/第3内科診療科群主任診療科長)
祖父江 友孝 (大阪大学大学院医学系研究科 社会医学講座 環境医学)

加熱式タバコの成分分析

演 者 欅田 尚樹 (国立保健医療科学院 生活環境研究部)

加熱式タバコ使用時に呼出されるエアロゾルの可視化

演 者 大和 浩 (産業医科大学産業生態科学研究所)

誰が加熱式タバコを使っているのか?加熱式タバコによる他人への害は?

演 者 田淵 貴大 (大阪国際がんセンター がん対策センター 疫学統計部)

加熱式タバコのマーケティングを読み解く– 禁煙の場所でも吸えることを狙っている?

演 者 川井 治之 (岡山済生会総合病院 内科 がん化学療法センター)

肺癌登録合同委員会 報告

10月14日(土) 15:00~15:30 第8会場 会議センター 502 5F

司 会 秋田 弘俊 (北海道大学大学院医学研究院 腫瘍内科学教室)

肺癌登録合同委員会報告

演 者 奥村 明之進 (大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 呼吸器外科学)

Patient Advocate Program 「患者の声を聴き考えるアドボカシー」

オリエンテーション

10月14日(土) 08:45~09:00 PAP会場 アネックスホール F204 2F

1. 臨床試験・治験へのプラットホームについて

10月14日(土) 09:00~09:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 長谷川 一男 (NPO法人 肺がん患者会 ワンステップ)
  後藤 功一 (国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

2. がん患者のこころとからだ

10月14日(土) 10:00~10:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 海原 純子 (日本医科大学 医学教育センター)

3. 肺癌アドボカシーを理解する

10月14日(土) 11:00~11:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 澤 祥幸 (岐阜市民病院がんセンター)

4. ランチョンセミナー 1

10月14日(土) 12:15~13:05 PAP会場 アネックスホール F204 2F

古くて新しい抗がん剤治療

演 者 滝口 裕一 (千葉大学医学部附属病院 腫瘍内科)

5. 新しい治療を「正しく」知る(標準治療・ガイドラインを中心に)

10月14日(土) 15:00~15:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 瀬戸 貴司 (九州がんセンター 呼吸器腫瘍科)

6-1. がんとリハビリテーション

10月14日(土) 16:10~16:40 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 石黒 崇 (岐阜市民病院 呼吸器・腫瘍内科・緩和ケアセンター)

6-2. 正しい薬の飲み方:より効果を高めるために(がん専門薬剤師)

10月14日(土) 16:40~17:10 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 大澤 友裕 (岐阜市民病院 薬剤部)

オリエンテーション

10月15日(日) 08:45~09:00 PAP会場 アネックスホール F204 2F

7. 信頼できるがん情報の探し方

10月15日(日) 09:00~09:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 若尾 文彦 (国立がん研究センター がん対策情報センター)

8. 自分の人生の終わり方を考える(死の臨床研究会・臨床宗教師)

10月15日(日) 10:00~10:50 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 沼口 諭 (医療法人 徳養会 沼口医院)

9. ランチョンセミナー 2

10月15日(日) 12:15~13:05 PAP会場 アネックスホール F204 2F

免疫療法の現在と将来

演 者 中西 洋一 (九州大学大学院医学研究院 胸部疾患研究施設)

10. がんサバイバーシップ:夫々の立場でできること、やるべきこと
  (海外のサバイバーと意見交換してみよう)

10月15日(日) 13:30~14:20 PAP会場 アネックスホール F204 2F

演 者 川上 祥子 (NPO法人キャンサーネットジャパン)

11. Patient Voice 患者の声を聞こう
  (がん患者連絡会総会)